「牛丼を毎日食べても太らない」はデマ?吉野家の実験レポートを考察!


job_tantei
こんにちは!スキマ時間の案内人、ふじおかです。

前回、牛丼は毎日食べても太らないって本当!?吉野家が実験!という記事を書きましたが、その中でひとつ気になった点がありました。

それは、『このレポート内容で「牛丼を毎日食べても太らない」と本当に言えるのか?』ということです。

どういうこと?と思った方は、とりあえず読み進めてみてください。

スポンサーリンク


今回の実験は「吉野家の牛丼」を食べ続けたわけではない

Yahooニュースの記事を見ると、

牛丼を3カ月連続で食べ続けても、体重や体脂肪率が変化したり、血液データに影響を与えたりしたという事実は、調査では「なかった」という結論です。

としています。

これだけ見ると「よかった、牛丼を毎日食べ続けても太らないのね!」と思う方もいるかもしれません。

実はレポートをよく読むと、これは必ずしも正しいとは言い切れないのです。

(吉野家のレポートはこちら


どういうわけか説明していきましょう。

レポートの実験内容をよく読むと、注意すべきは次の点です。

吉野家の「冷凍牛丼の具」を通常の食事にプラスして毎日 3 ヶ月間食べたときの身体への影響を調べました


日常生活の中で吉野家の「冷凍牛丼の具」を毎日必ず 1 食を加えて摂取することを12 週間継続 していただきました。


もうお気づきの方もいるかもしれません。

そうです、この実験は「吉野家の冷凍牛丼の『具』」を食べ続けた実験であって、「吉野家の牛丼」を食べ続けた実験では無いのです。


ちなみに、注釈にこんなことが書いてあります。

吉野家の牛丼(並盛)は、本実験に使用した吉野家の「冷凍牛丼の具」と同等品をご飯(茶碗約 1.5 杯分)に合わせてご提供しております。


もうお分かりですよね?

吉野家の冷凍牛丼の具を食事の中に取り入れる事と、吉野家の牛丼を食べ続ける事は根本的に違うのです。

もっと言えば、「実験と実際に吉野家の牛丼を食べる時ではご飯の量が違う場合がある」という事です。

カロリーベースで計算してみよう!

スポンサーリンク


実験では、日常生活の中に牛丼の具をプラスしています。つまり、いつも茶碗一杯のご飯を食べている人は、実験中も茶碗一杯分を食べていれば良いわけです。

一方、吉野家で「並盛」を注文する人は、常に「茶碗約1.5杯分のご飯」を食べている事になります。

この二つの例を、カロリーベースで計算してみましょう。


アマゾンで売っている吉野家の冷凍牛丼の具はひとつ135gです。

吉野家のページに載っている牛丼の具のカロリーは249kcal/100gですので、冷凍牛丼の具1つのカロリーは約336kcalとなります。

クックパッドによると、ご飯茶碗一杯分(140g)のカロリーは235kcalとなっています。

これを合計すると
336+235= 571kcal となります。


一方、吉野家のHPによると、吉野家の牛丼のカロリーは669kcalとなっています。

つまり、両者には98kcalもの開きがあるのです。

これは栄養補給で知られるバナナ一本分のカロリー(84kcal)より多い計算になります。


つまり、実験と現実の吉野家の牛丼を3か月食べ続ける場合では、8820kcalの差が生まれるわけです。(日常的に一食、茶碗一杯のご飯を食べる人の場合)

体重を1kg減らすためのカロリーは約7200kcalと言われていますので、単純に考えると1kg以上太るという事になります。


実験レポートの方もよく見るとうまい具合に書かれていて、

栄養分析結果から、私たちは吉野家の牛丼の具には生活習慣病を誘導もしくは増悪するリスクはないと推定していましたが、今回実際に吉野家の「冷凍牛丼の具」を食事とともに 12 週間摂取していただいた健常成人男女および、血糖値の高めな方々においても、摂取前と後でなんら健康リスクが増加する兆しは見られなかった事を皆様にご報告させていただきます。


となっています。つまり、この実験は「吉野家の牛丼の具」を食べ続ける実験であって、「吉野家の牛丼」を食べ続ける実験では無いよ!ってことをきちんと書いてるわけですね。この辺がこのレポートの巧妙なところです。


以上の理由により、この実験結果からは「吉野家の牛丼の具」を食べ続けても太らないとは言えますが、「吉野家の牛丼」を食べ続けても太らない、とは言えないのです。


吉野家の名誉のために書きますが、このレポートは「勘違いさせるため」に書かれたものではありません。
実験レポートの題名から実験内容まで、「牛丼の具を長期摂取した実験」である事をきちんと説明しています。

ただし、このレポートを読まずに人づてに「牛丼は毎日食べても太らない、健康を害さない」と聞いた人は、おそらく勘違いするでしょう。そこが残念なところなのか、狙いなのかはわかりません。

牛丼を毎日食べ続けるとしたら、注意点は?

この実験結果から「よし!今日から毎日牛丼を食べるぞ!」って人はいないと思いますが、一応注意点を書いてまとめとします。

今回の結果から、牛丼を毎日食べても太らないためには、量を減らすしかありません。

吉野家には牛丼小盛り+サラダの「コモサラセット」があります。

吉野家メニュー別カロリー表をみると、生野菜サラダのセットを選んだ場合のカロリーは、530kcalとなっています。

これならば家庭で牛丼の具をプラスした場合と比べても少ない計算になり、牛丼を食べ続けることによる健康リスクは増加しないと考えられます。

また、次点でごぼうサラダのセットも591kcalと、それほど変わりません。時にはこちらを選ぶのもいいでしょう。

ポテトサラダのセットは630kcalと油断できない値になっています。カロリーを気にするのであれば、こちらは出来るだけ避けましょう。


「吉野家に来てみたけど、小盛りじゃお腹減っちゃうなぁ…」って方は、「こく旨カレー並盛」が569kcalと、ギリギリセーフです。

もはや牛丼ではありませんが、それでも毎日吉野家に行きたいんだ!って方は、たまにはカレーを食べましょう。


まとめ


・今回の実験は「牛丼の具」に関する実験であり、「吉野家の牛丼」を食べ続ける場合とはあまり関係が無い。
・太るかどうかはご飯の量による影響が大きい。
・吉野家で牛丼を毎日食べる場合は、コモサラセットにしよう!



いかがだったでしょうか?

ちなみに成人男性の一日の平均摂取カロリーは1800~2200kcalと言われていますから、

牛丼一杯669kcalというのは、3食食べ続けても一応この範囲内に収まることになります。(合計2007kcal)

一応…ですけどね。ただし、他の物を食べればすぐオーバーです。

特にお菓子とか食べちゃだめですよ?(笑)


ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

吉野家 牛丼の具 冷凍 135g×10個入り
吉野家 牛丼の具 冷凍 135g×10個入り

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です