今回のvvvウイルス騒動を振り返ってまとめてみる。


refreshing-471950_640
こんにちは!スキマ時間の案内人、ふじおかです。

12/6にツイッターで話題となったvvvウイルスについて、当ブログでは2つの記事を投稿し、また読者の皆様には大きな反響をいただきました。

vvvウイルスは嘘か本当か?噂の真相を検証してみる!
vvvウイルスはどこまで本当か?噂の発信源を調査!

この2つの記事については、私もvvvウイルスの話題を知ったのが当日だったこともあり、「検証」というには情報調査の点において至らなかった部分もあったかと思います。

そんな中、ツイッターやフェイスブックなどで多くの方に取り上げていただき、また共感して頂いたことは、ブログの運営者冥利に尽きます。

一日経った現在、このウイルスに関する確固たる情報はほとんど出ていません。
ウイルスの種類については専門家の間で信ぴょう性のある情報などが出ていますが、いずれも確実に特定できるものではありません。

また、その後ニュースにもなっていないようです。

一時こちらのYahooニュースでも取り上げられたようですが、正確な情報ではないという指摘もあったみたいですね。ご本人が追記されています。

また、その後被害者が続出したという情報もありませんので、私はひとまず「今回は噂されているほどの脅威は無かったのではないか」と見ています。

そこで、私なりに今回の騒動を振り返り、記事を書きたいと思います。

あくまで個人の意見としてお読みいただければ嬉しいです。

【12/7追記】トレンドマイクロ社による見解の記事が出ました。
大方の予想通り、vvvウイルスの正体はランサムウェア「CryptTesla」(TeslaCryptと表記する場合もある)の一種だとの事です。
また、国内のユーザー向けに差し迫った脅威ではないとの事。
対策としては、やはり「基本的なセキュリティ対策の徹底」ということです。
なお、心配された「広告からの感染」は現在のところ確認されていないようです。

ノートンもフェイスブックにて見解を出しましたノートン

スポンサーリンク


噂が大きくなったのは、インパクトが原因では?

vvvウイルスの情報に触れて、最初に私が感じたのは次のような事でした。

・広告を見ただけで感染する?なにそれ怖いな。
・ウイルス対策ソフトも効果が無い?対策が無いじゃないか!
・しかも感染が速い?大変なことになるんじゃないだろうか…。


多かれ少なかれ、vvvウイルスの情報を目にした方々は同じような事を感じたのではないでしょうか?

ネーミングもパンデミックを思わせる恐ろしい響き。
例えば「容疑者X」や「Xファイル」のように、アルファベットにはそういった「未知への恐怖」的なイメージを感じさせます。

こういったインパクトの強さから、噂が広まり、大きくなっていった部分があるのではないかと感じました。

噂の内容も色々でしたね。

「大手まとめサイトを見ると感染する」として名前が挙げられたサイトもありましたし、
Youtubeを見ただけで感染する、といった内容もありました。

冷静になって考えてみると?

冷静になって考えてみれば、「対策方法が無いウイルス」が一日数百万、数千万人が利用する大手まとめサイトや、世界中で利用されるYoutubeから感染するのであれば、感染は即座に拡大していておかしくありません。

しかし、私が確認した範囲では感染者は多く見積もっても数人程度でした。

この事から、少なくても「通常の利用状況では感染しにくい」ことは十分に推測されます。


コンピューターウイルスには、色々な感染経路があります。

今回騒がれた広告を見ただけで感染するというもの
メールを開いただけで感染するもの
ページを見ただけで感染するもの
CD,DVDやUSBメモリーを接続すると感染するもの

どれも日常の中で、不注意で触れてしまう可能性がありますよね。

今回多くの情報の中で、対策として挙げられたのは次のものです。

・OSやソフトを最新の状態にすること
・ウイルス対策ソフトを強化すること
・バックアップを取る事(これは対症療法ではありますが)

よくよく考えれば、普通の事です。

ここで、我々の日常生活に置き換えて考えてみましょう。

例えば、普段でもたまにひいてしまう「風邪」を思い浮かべてください。

風邪というのは特定のウイルスや病原菌があるわけでなく、体調の不良を総称して差します。

ここで、風邪の感染について意図的に恐ろしい表現で挙げてみます。

・発症者に触れなくても、空気を伝って感染する。
・感染の原因が特定できず、予防にも確実に有効な方法は存在しない。
・重症の場合は高熱などにより動けなくなり、体力の無い者は最悪の場合死に至ることもある。

どうでしょう、普段のイメージと違い、少し怖い感じがしませんか?。

これに「xxxウイルス」という名前でも付けば、さらに恐怖を煽りそうです。

重要なのは普段から対策しておくこと

風邪の元となる病原菌などには、我々も普段から接しています。

しかし、全員が風邪にならないのは、免疫力があるからですよね。

免疫力を高めるには、次のような方法が挙げられます。

・普段から栄養のあるモノを食べる。
・睡眠時間をきちんととる。
・適度な運動をする。

今回、vvvウイルスへの対策にあげられたのは、パソコンでいう「免疫力」を高めるものでした。

また、感染が拡大しなかったところを見ると、ほとんどの場合に有効だったのでしょう。


そういったことを考えると、やはり効果的なのは普段からの対策ですよね。

なんだそんな事かと思われる方もいるでしょうが、おそらくこれしかないと思います。

仮に本当にウイルス対策ソフトが全く役に立たず、広告を見たら100%感染するウイルスが出てきたら、手の打ちようはありません。

そうならないためにウイルス対策に携わる企業や機関は日々研究しているわけです。

今後、より強力になったウイルスが出てこない保証はありませんし、ウイルスの世界は日進月歩ですからほぼ確実に出てくるでしょう。

また、今回のvvvウイルスが感染力を強め、再び感染者が出てくる可能性も十分に考えられます。

そういった時のために、普段からセキュリティの向上を意識しておくというのは非常に大切ですし、自分からそういった情報を探してみる、というのも重要でしょう。


今回の騒動を機に、自分の使っているスマホやPCを見直してはどうでしょうか。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


ノートン セキュリティ デラックス 3年版(最新)
ノートン セキュリティ デラックス 3年版(最新)

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です