森公美子の炊き込みご飯ダイエットを検証!本当は体重が増える!?


food_takikomigohan
こんにちは!スキマ時間の案内人、ふじおかです。

12/7(月)の徹子の部屋に森公美子さんが出演します。

様々なダイエットに挑戦し、時にはリバウンドをして話題になったこともある森公美子さんですが、今回は「炊き込みご飯ダイエット」に挑戦中とのこと。

最近はご飯などの炭水化物をカットするダイエットが人気ですが、炊き込みご飯で本当にダイエットになるのでしょうか?

検証結果をまとめてみました!

スポンサーリンク


気を付けないと体重が増える!?炊き込みご飯ダイエットの注意点

まずは、炊き込みご飯のカロリーを見てみましょう。

一般的に、お茶碗一杯分の白いご飯のカロリーは約250kcalといわれています。

それに対して、同量の炊き込みご飯のカロリーはなんと約400kcal!!

なんと2倍近くのカロリーがあるのです!

体重が1キロ増えるのに必要なカロリーは約7000kcalですので、

単純に毎日3食の白いご飯を炊き込みご飯に換えると、1ヵ月で約2kg太る計算になります。

これじゃ、まったくの逆効果じゃないか!と思う方も多いですよね。

しかし、野菜もたくさん入っており、ヘルシーなイメージの炊き込みご飯。

なぜこんなにカロリーが高いのでしょう?

炊き込みご飯のカロリーが高い理由

炊き込みご飯のカロリーが多い理由には、入れる具材が大きくかかわってきます。

炊き込みご飯の具材の王道としては、人参やゴボウ、鶏肉や油揚げなどが浮かびますよね。

このうち、鶏肉と油揚げのカロリーが要注意なんです!

炊き込みご飯にはよくモモ肉が使われますが、モモ肉は100gで229kcalあります。

そして、油揚げは1枚(30g)で116kcalもあるのです。

茶碗一杯分に入る分量が、モモ肉25g、油揚げ8gとすると、この二つでおよそ88kcalもあるんですね。

また、炊き込みご飯の濃い味付けもカロリーの増加に一役買っている事を忘れてはいけません。

では、炊き込みご飯を食べながらのダイエットではどのような点に気を付ければよいのでしょうか?

それを確認していきましょう!

スポンサーリンク


炊き込みご飯ダイエットで気を付けたい事

単純に白米から替えるだけでは太ってしまう炊き込みご飯。

しかし、注意すれば十分ダイエットにつながる可能性もあります。

炊き込みご飯ダイエットで気を付けたい事をまとめましたので、見ていきましょう!

1.カロリーの多い食材を出来るだけ使用しない。

上で書いたように、炊き込みご飯の具材はカロリーの多いものがあります。
油揚げは使わない、鶏肉を使う場合はササミなどのカロリーの低い部分を使うなど、工夫しましょう。
ササミは鶏モモ肉のカロリーの半分以下です。
キノコなどはカロリーも低く、また食物繊維が豊富ですので出来るだけ入れるようにしましょう。
野菜を多く入れるのも良い方法ですし、ヒジキなどを使うのも効果的です。
カロリーの低い具材でボリュームを出し、総合的なカロリーを抑えましょう。


2.味付けを出来るだけ薄くする。

「味付けの薄い炊き込みご飯なんておいしいの?」という声も聞こえてきそうですが、味付けが濃いとついつい多く食べすぎてしまう傾向があります。
食べ過ぎを防止するためにも、味付けは薄めを心がけましょう。
また、みりんなどを使わずお醤油だけの味付けにするのも良い方法です。
みりんは100ccでおよそ240kcalもあります。一方お醤油は100ccで71kcalほどです。

3.おかずを少なくする。

炊き込みご飯の良いところは、単品でもおいしく食べられるところです。
さらに野菜や肉が入っているので、ビタミンやたんぱく質も同時に摂れますし、満足感もあります。
つまり、「ご飯+おかず」を炊き込みご飯に替えることで総合的にカロリーが抑えられるというワケです。
炊き込みご飯を食べる時は、おかずを1~2品減らしましょう。


いかがだったでしょうか?

他にも番組内で森公美子さん独自のアイデアが出てくるかもしれません。

このページや番組を参考にして、効果的な炊き込みご飯ダイエットを試してみてはどうでしょうか。

【12/7追記】
森公美子さんが持参したのは、「栗ご飯」「はらこめし」「キノコ炊き込みご飯」でしたね!

個人的には、はらこめしが美味しそうでした。

見ていて感じたのは、一番ダイエットになるのは「誰かと楽しくしゃべりながら食べる事」なんじゃないかという事です。

ゆっくり時間をかけて食べることで、「満腹だよ!」という信号が出やすいことは皆さんもよく知っていますよね!



ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です