【速報動画】羽生結弦がGPF2015でSP110点超え!


こんにちは!スキマ時間の案内人、ふじおかです。

羽生結弦選手がグランプリファイナル2015のSPでまた大記録を打ち立てました!

なんと、前回のNHK杯106.33をまたもや大きく上回る110.95!

一足先に見たい!という方のために動画も見つけたので、ご紹介します。

採点表はこちら!→羽生結弦のGPF2015のSPプロトコルに驚愕!採点方式の限界か?

スポンサーリンク


まずは動画をどうぞ!


※途中でエラー音が入りますが、動画内のものです。


羽生選手独特のやわらかさ、柔軟さが良く出ていますね。

ジャンプも先日のNHK杯よりもますます良くなっています!

NHK杯に続きGPFでも絶好調!

スポンサーリンク


羽生選手はしなやかな動きから、まず冒頭の4回転サルコウを見事に決めます!

NHK杯では少々着地の姿勢が崩れてしまっていましたが、今回は見事に着地。

なるほど、4回転サルコウの後のイーグルの本来の姿はこういう形だったんですね。

絶好調の4-3トゥループも見事なもんです。満点レベルかな?と思うほど。

3アクセルもいつも通りの調子。

なによりも表現力にさらに磨きがかかっていますね!手の動きがすごくきれいです。


演技後も息が切れる様子はほとんど見られません。一体どれだけのトレーニングを行ってきたのでしょう。

TESもNHK杯ですら59点代と世界最高記録だったのに、今回は61.81…彼には限界があるのでしょうか?


プレゼンテーションも49.14と、この世のものとは思えない得点。

NHK杯では、「地元判定」という声も限られた一部ではありますが、聞こえてきました。

しかし今回は違います!むしろ海外での評価の方が高かった!といっても過言ではありません。


演技後のブライアン・オーサーも「君は本当に凄いな…」という微笑みで迎えます。

SP110点台という前人未到の地に踏み出した羽生選手は喜びはするものの、気を抜くことはしていません。

やはり、FSへのプレッシャーもあるのでしょう。

さらに磨きがかかった「SEIMEI」がとっても楽しみです。

日本では放送はいつ?

日本では、本日11日の20時からテレビ朝日系で見ることができます。

やっぱり、綺麗な画面で見なきゃダメですよね!

採点表はこちら!羽生結弦のGPF2015のSPプロトコルに驚愕!採点方式の限界か?

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です