GPF2015男子FSのプロトコルの内容は!?


こんにちは!スキマ時間の案内人、ふじおかです。

フィギュアスケート、グランプリファイナル2015男子フリーの演技が終了しましたね!

羽生結弦選手が異次元の演技で優勝!宇野昌磨選手が堂々の3位!村上大介選手は6位!という結果になりました。

日本勢は大健闘ですね!特に羽生選手はNHK杯で出した世界記録をSP,FS共に塗り替えるという驚異的なスケーティングでした。

いい演技を見た後、やはり気になるのは採点表ですよね!

それではさっそく、プロトコルの内容を見ていきましょう♪

スポンサーリンク


羽生結弦のプロトコル

羽生選手のプロトコルは次の通りです。
hanyu-gpf2015fs
出展元:ISU

ざっと見ただけでも異次元なのがわかりますね!

満点項目の多さ、PCSも10点を出したジャッジが大半を占めています。

羽生選手のプロトコルの内容については、別の記事でご紹介していますので、こちらをご覧ください!
【伝説】羽生結弦のGPF2015FSのプロコトルが未知の領域!!

宇野昌磨のプロトコル

スポンサーリンク


宇野昌磨選手のプロトコルは次の通りです。
gpf2015-fs-uno 冒頭のコンビネーションジャンプがとてもきれいでしたね!

GOEも2点以上ついています。

後半のトリプルルッツでエッジエラーを取られてしまっていますが、それ以外はとてもクリーンな内容です。

TESも100点の大台に乗せましたね!まだまだ若いので、これからの成長が楽しみです♪

村上大介のプロトコル

村上大介選手のプロトコルは次の通りです。
gpf2015-fs-murakami 冒頭2回の4回転ジャンプが残念ながらあまり良い出来ではありませんでした。

それでも、村上選手独特の男らしさがにじみ出た演技になっていましたね!


今後も日本男子勢の活躍を楽しみにしています♪

なお、グランプリファイナル全体のプロトコルはこちらのサイトで見ることができます。

興味がある方は、覗いてみてくださいね!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です