グランプリファイナル2015の賞金額はどのくらい?調べてみた!


kuji_atari_man
こんにちは!スキマ時間の案内人、ふじおかです。

先日のNHK杯の羽生選手の偉業から数日経ちましたね。

フィギュア好きの私は羽生結弦選手がFSで滑った「SEIMEI」の動画をもう確実に100回以上視たでしょうか…。

こんなに見たのは、プルシェンコのニジンスキー以来ですよ。

暇人?確かにそういわれればそうなんですが、ニコニコ動画の「海外の実況」シリーズで視ると、また違った面白さがあるんですよね!

一番お気に入りなのはイタリア実況ですね!アツい男性二人が実況してくれるんですが、羽生選手を褒めちぎる一方で、そのスケート技術の凄さ、難しさを的確に解説してくれるんです。

イタリア実況だけでもう確実に20回以上視てます。それほど面白い!

翻訳してくれた人に本当に感謝ですよ。あ、ちなみに動画はこちらです。

SPの動画も貼っておきます。


おっとっと、今回はこんな話題じゃありませんでした。

フィギュアの大会の賞金に関する話題です。

スポンサーリンク


グランプリファイナルの賞金額は!?

そもそも、アマチュア扱いのはずなのに賞金なんか出るの!?って驚く方もいるかもしれませんが、グランプリファイナルは賞金が出ます。

それも、男子、女子、ペア、アイスダンスと4競技にそれぞれ6人(6組)ずつが出場するのですが、なんと大盤振る舞いな事に出場選手全員に賞金が出ます。

まぁ、世界中から6人ずつしか出場できないので当然と言えば当然かもしれませんが。

さて、ではその賞金額はいくらくらいなんでしょうか?

グランプリファイナルの賞金は、次の通りです。(1米ドル=123円で計算)
1位25,000米ドル(約308万円)
2位18,000米ドル(約221万円)
3位12,000米ドル(約148万円)
4位6,000米ドル(約74万円)
5位4,000米ドル(約49万円)
6位3,000米ドル(約37万円)
優勝者は世界一と言っても間違いないこの大会ですが、優勝賞金が300万円ちょっとというのは少なすぎるような気もしますね。

例えばテニスの全米オープンなんて、優勝賞金は約4億円ですよ。まぁむこうはプロですけど…でも桁が2つくらい違います。

これがマイナースポーツならではの悲しさなんでしょうが…もうちょっと出してあげてよ!といいたいところ。

テニスやサッカー、野球と比べてグッズの売り上げに期待できないところも大きいんでしょうか。

ユニフォームと違って、フィギュアの衣装はなかなか売れませんもんね。

スポンサーリンク


ちなみに前回のNHK杯を含む、グランプリシリーズの賞金は次の通りです。
1位18,000米ドル(約221万円)
2位13,000米ドル(約160万円)
3位9,000米ドル(約111万円)
4位3,000米ドル(約37万円)
5位2,000米ドル(約25万円)
6位以下無し
少なくても、5位以内に入らないと賞金すらもらえません。

情報はありませんが、参加賞くらいはあるんでしょうか…。

各選手、スポンサーが付いていますが、それでもやはりもうちょっと賞金額を上げて欲しいですね。

感動的な演技を見せてくれるフィギュアスケート選手たちの資金環境が、もう少し改善されることを希望します。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です