コストコのバイトはキツイ?時給1200円の好待遇で話題に!


bananas-698608_960_720
こんにちは!スキマ時間の案内人、ふじおかです。

価格が激安で有名な会員制スーパーマーケットのコストコが話題になっています。

なぜかというと…理由はアルバイトの時給にあります!なんとスタートで1200円とのこと。

深夜帯ではありませんよ?スーパーのバイトとしては、ちょっと別次元な自給ですよね?

そんなコストコについて色々と調べてみました!

スポンサーリンク


全国どこでも1200円スタート!コストコがバイトを救う?

大都市では、コンビニやファーストフードで時給1200のアルバイトというのは珍しくありません。

物価が高いので、地方に比べて衣食住にお金がかかるので、必然的に時給も高くなるわけです。

コストコが話題になっている理由には、「地方でも時給1200円」というところにあります。

地方のスーパーやコンビニでは、時給が800円前後という事も珍しくありません。

最低賃金スレスレの水準であっても、生活のために頑張って働く方々は大勢います。

しかし、都市圏と比べても特殊な仕事をしているわけではないですよね。忙しさの度合いは違うかもしれませんが。

そんな中、「同一労働同一賃金」を掲げたコストコが入ってきたのです。

周りが800円前後で募集している中、コストコは1200円で募集をかけます。

当然アルバイトを探している人々はコストコに集中し、また今働いている場所がある人も転職へと動きます。

すると困るのは周辺のスーパーやコンビニ。賃金を上げざるをえません。

事実、11月に岐阜県にオープンしたコストコの例では、オープン後2週間ほどで周辺の別のスーパーの募集が時給780円から900円まで上がったそうです。

それでも300円もの差がありますので、まだまだ縮まる可能性もありますね。

仮に1000円まで上がった場合、一日6時間、週5日働いている方の一カ月の賃金は約29000円も上がります。

これは大きいですよね!アルバイトをする側にとっては、まさに救世主のような存在です。

コストコのバイトはキツイの?バイトの内容は?

時給がこんなに高いのには、バイトの内容がハンパなくキツイのでは?と思われる方も多いでしょう。

アルバイト・EXによると、「コストコアルバイトの大変なところ」として次のように書かれています。

コストコのアルバイトで大変なことはとにかく商品もケースごとであったり、店内のカートも大きかったりと、力仕事が多く体力勝負です。慣れてくると重いものを移動させるコツがつかめてきますが、体力に自信がない方には慣れるまではかなりキツい仕事です。


なるほど、業務用スーパーのような面もあるコストコの仕事で大変な点は、力仕事が多いため体力的にキツイ!という事ですね。

一方で待遇についても詳しく書かれていました。

コストコのアルバイトの時給はほとんどが1200円程度のスタートです。1000時間毎に64~82円の幅で昇給し最高1650円もしくは1800円まで昇給します。祝日勤務手当、超過勤務手当、深夜手当もあります。交通費は規定支給、車通勤も可能です。また、メガネ・コンタクト購入クーポンや従業員及び家族2名までコストコメンバーシップカードが無料付与されます。その他、各種社会保険加入、有給休暇、出産・育児・介護休暇の取得、会社負担による団体生命保険、団体長期障害所得補償保険の加入、勤続年数に応じた生涯設計給付金の支給など充実した福利厚生制度が整っています。


これを読む限りでは、日本で同じような仕事をしているアルバイトの待遇としては最上級ではないでしょうか?

1000時間というのは、1日6時間、週5日勤務の方でおよそ8カ月ほど。つまり、年1回もしくは2回の昇給があるわけですね。

昇給額も仮に70円の昇給があった場合、ひと月あたり約9000円アップの計算に。

福利厚生も手厚いですし、正社員顔負けの待遇です。

スポンサーリンク


心配なのは…

私がこの状況について心配しているのは、周辺で営業している店舗の事です。

コストコに合わせて時給を上げれば、当然営業コストも上がりますよね。

働く側にとっては嬉しいことでも、仕事を提供する側にとってはこの上なく厳しい状況になります。

となると、心配になるのは「周辺の同じような店舗が軒並み潰れてしまうのでは?」という点です。

もちろん、ビジネスは弱肉強食の世界ですから、ある意味ではしょうがないのかもしれません。

しかし、最終的に周辺住民の生活基盤が「コストコのみに依存する」状況は少し心配ですね。

なんだか、イオンなどの大手チェーンが地方に進出してきた時の状況に似ています。



この厳しい状況から工夫が生まれ、働く側、営業する側、利用する側、三方が得をするような状況になって欲しいものですね。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です